建物表題登記

一戸建ての住宅や店舗、賃貸アパート等の建物を新築したときを建物表題登記といいます。
建物表題登記とは、建物に関する物理的な状況を、登記簿という登記所に備え付けられた公の帳簿に登録する手続きのことをいいます。物理的な状況とは建物の所在・家屋番号・種類・構造・床面積でこれらを登記簿に登録する事により、大きさはどれくらいでどんな形状の建物なのかが明確になるわけです。
建物の種類としては「居宅」「店舗」「共同住宅」など種類別で登記します。また、建物表題登記では、これに加えて、その建物の所有者や新築年月日なども登録します。

こんな時に建物表題登記

建物を新築したとき

分譲住宅を購入したとき

すでに建っている建物が未登記であった時

建物滅失登記

建物を取り壊したり、地震や火災で建物が倒壊・焼失した場合に、その建物の表題部を抹消し登記簿を閉鎖するためにする登記です。

この登記を申請せず放置しておくと、存在しない建物に固定資産税が請求され続けたり、更地の売買にも差し支える場合があります。同じ土地での新築の際、今まで住んでいた建物を取り壊したり、すでにない建物の登記が存在していた場合には一度ご相談ください。

こんな時に建物滅失登記

建物を取壊し新しい建物を建てた

現在その建物はすでに存在しない

建物表題変更登記

既に登記された建物の状態に変更があった時に申請する登記です。建物の状態に変更が生じる時とは例えば、建物を増改築などをして床面積が増減したり、居宅として使用している建物を使って商売を始めるような時、附属建物として車庫を建てた場合のなどを言います。登記申請書の記載が複雑ななケースがありますので土地家屋調査士に相談しましょう。また、本登記は変更があったときから1ヶ月以内に申請する義務がありますので注意してください。

こんな時に建物表題変更登記

家の増改築をおこない床面積が増減した方

居宅の近くに離れや車庫・物置などの附属建物を新たに新築された方

改築をして屋根を葺き替えた方

木造から鉄骨に改築された方

建物の用途を変更された方(例 居宅⇒店舗)

区分建物登記

区分建物とは正式には『区分所有建物』といいます。そして区分建物表題登記とは区分建物(マンション)を建てて一番最初にしなければならない登記です。このあたりは建物表題登記と全く同じ考え方になります。

こんな時に区分建物登記

主に区分建物(マンション等)を建築した業者の方

構造上、利用上独立した部屋が整っていて区分建物として登記されたい方

このページのトップに戻る